恋人へ贈る結婚指輪|ランキング上位ならプロポーズも大成功

カップル

間違いのない指輪選び

指輪

プラチナ以外の選択

日本国内で結婚指輪のアームとして良く用いられる素材と言えばプラチナが挙げられます。プラチナは美しいと同時に控えめな色合いの素材であり、結婚指輪のデザインや宝石を引き立ててくれるのです。しかしこれだけでは若干地味な気がすると感じる場合、別のアーム素材を選ぶと良いでしょう。例えば同じシルバーでありながら別の光沢感がある素材と言えばパラジウムが存在しています。プラチナよりももう少し個性的な結婚指輪がほしい場合は視野に入れると良いでしょう。シルバー以外の色に目を向けるならイエローゴールドやピンクゴールドが存在しています。前者は一般的な金色をした素材であり、結婚指輪をゴージャスに見せてくれます。後者はピンク色の愛らしいカラーで輝いているアームです。

指輪の基本

結婚指輪は入籍に際して夫婦が購入する指輪であり、カジュアルなアクセサリーとは異なります。結婚指輪は高額を使って良いものを選ぶのが一般的ですし、日常生活だけでなくフォーマルな場にもつけやすいものを購入するのです。こうした指輪は立て爪やダイヤモンドなど売れ線の選択肢がありますが、基本的には夫婦が自由に好きな指輪をはめて良いのです。もちろん、二人の永遠の愛を象徴する指輪ですからあまりにも縁起の悪い宝石を使っている物や、一見して不吉なデザインのものは避けるべきです。結婚指輪は会社にもつけて行きますので、それだけ礼儀に適ったものを求められる点も特徴的です。結婚指輪に「遊び」を入れたい場合、アームの内側など人目につかないポイントに文字を彫り込む事ができます。